【情報満載♪】元旅行会社勤務の主婦が書く、気分きままのたびログ

18歳で総合旅行業務取扱管理者資格を取得したchamです。国内・海外問わず旅行が大好き♪体験記やうんちくなどを中心に旅行に関する情報を不定期発信しています。

【岐阜県】美肌の王道!下呂温泉でおすすめ旅館ベスト4や楽しみ方をご紹介します♪

日本三名湯、下呂温泉には魅力がいっぱい♪

 

f:id:tabinomushi:20170330215603j:plain

 

国内の三名泉といえば【下呂】【有馬】【草津】!

江戸時代の儒学者林羅山が詩文第三に記したことから日本三名泉と言われるようになりました。

 

昨日の記事で土岐プレミアムアウトレットについて書きましたが、


下呂温泉に寄るついでにいけます♪
下呂温泉のお湯は良く効く!

 

デカすぎず、小さすぎず、風情ある街並みはゆっくりするにはオススメな温泉スポットなのです。

 

そんな下呂温泉の魅力・ぜひ泊まりたい宿を4つご紹介します♪

 

 

 

tabinomushi.hatenablog.jp

 

 

 【下呂温泉のお湯について】

f:id:tabinomushi:20170403211528j:plain

泉温:84度

温泉:天然温泉

泉質:アルカリ性単純泉

色:無色透明

お湯の特徴:ほのかな香りでまろやか。絹のようにスベスベにしてくれる

効果:リウマチ、運動機能障害、神経痛、神経麻痺、病後回復、疲労回復、美容

 

下呂温泉は温泉集中管理システムを導入しています。

つまり下呂温泉旅館組合加盟旅館だったら、

どの旅館でも同じ泉質のお湯に入ることができるという安心感!

 

お湯は一緒だから、宿の良し悪しだけ重視すればいいのも
長い間観光客が途絶えない理由なのです( ̄▽ ̄)

 

下呂温泉の見どころ&観光スポット】

【その1】お土産屋さん&そぞろ歩き

f:id:tabinomushi:20170403211347j:plain

下呂温泉には自動改札がありません。

 

昔ながらの改札で、駅員さんが切符を回収します。

駅を出るとたくさんの温泉旅館の送迎バスが待っています。

 

この風情溢れる景色は、特に年配の方が「懐かしい!」と喜ぶ人が多いのです♪( ´θ`)

子供も物珍しさに喜ぶ♪

 

下呂大橋を渡ると温泉街ならではのおみやげやさんもあります。

浴衣でそぞろあるきするのも◎

 

【その2】湯めぐり

 

f:id:tabinomushi:20170227223917j:plain

下呂温泉では、湯めぐり手形が販売されています。1枚1300円ですが

 

・飛騨川岸名物【噴泉地】

・大正時代から続く洋風建築【白鷺の湯】

・銭湯の風情を残す【幸の湯】

・とにかく、沢山の温泉を楽しめる【クアガーデン露天風呂】

 

などが楽しめます。下呂温泉のお湯は一斉管理されていると言えども

お風呂の作りやデザインがそれぞれ違うので

自分のお気に入りを探すためにたくさんの施設を利用する人が多いのです^^

 

【その3】冬限定!土曜日に上がる花火

f:id:tabinomushi:20170403211908j:plain

下呂温泉では、冬に毎週土曜日花火を打ち上げています。

夏とは違って雪の積もる下呂温泉の川岸から打ち上げられる花火は

澄んだ空気によってよりキレイにはっきり見えます♪

 

花火も単発で上がるのではなく、

カラフルでテーマに沿った花火がシーズンごとに挙げられます。

 

花火師によってあげられるミュージカル公演なので音楽&花火&演出ライトは圧巻!

 

15分ほどですが、満足できることまちがいなし( ̄▽ ̄)

 

【その4】春の期間限定、夜桜バス運行

f:id:tabinomushi:20170403211951j:plain

実は、下呂市周辺は【苗代桜】という

桜の名所といわれる観光スポットがとても多いです。

4月が一番の見ごろ♪夜はライトアップもされています。

 

温泉街から少し離れている&場所が分かりづらいのですが、

観光バスで夜桜を見に行くツアーがあります。

 

地元ボランティアの方のガイド&名物わらもちと飲み物つき♪

19:40~21:40の約2時間のツアー!風情ある夜桜は見ものです。

 

【その5】女子必見!素肌美人プロジェクト

f:id:tabinomushi:20170310212739j:plain

美人の湯と言われている下呂温泉

温泉に入ったから美人になれるわけではありません。

 

下呂温泉に入るとなぜ美肌効果が高いのか!?

それはアルカリ性単純温泉なので、肌の古い角質を取り働きがあるから♪

 

ph値が9.18と非常に高く、新陳代謝もよくなる根拠あり!

 

そんな下呂温泉では、女子が喜ぶ【きれいになれる旅】をプロデュース!

 

美容・健康にうれしい特産品や、グルメ・スイーツが街中でたくさん用意されています。

浴衣とゲタをはいて、スイーツ巡りもできちゃう♪

足湯につかりながらアイスを食べるのもオススメ!

 

下呂温泉に泊まるならここ!絶対泊まりたい宿4選〜

 

【子連れで行くなら】小川屋

 

f:id:tabinomushi:20170302115607j:plain

(ロビーの足湯!タオルもちゃんと用意されています)

 

下呂温泉 小川屋【公式HP】和みの畳風呂物語の宿

 

赤ちゃん連れ・子連れにとても優しい宿です。

ロビーには広いキッズスペースあり!おもちゃありで、

旅館の中でも子供は退屈しません。

 

子供はキッズスペース、大人は見守りながら足湯もできます。

 

ここのお風呂は畳敷き!万が一子供が転んでもケガをしにくいのがポイント♪

 

露天風呂も改装されたばかりで、ひのきがいい香り♪

食事にも力をいれていて、朝食ランキング常連の宿!

ボリュームたっぷりのご飯にパパもママも満足すること間違いなし♪

 

【女子旅で行くなら】紗々

 

www.sasara.co.jp

高台にあるこの宿は、アンティークなロビーがおしゃれなお宿!

大正時代にタイムスリップをしたかのようなデザインです。

女性が「うわぁ~♪」と喜ぶ空間が沢山用意されています。

温泉だけでなく、岩盤浴やスパもあり♪

 

私が現役で働いているときの、女子旅送客率NO.1!

(そういえば、毎月くさかべアルメリアに、部屋番号していしてくるおばさんいたな)

 

お部屋の半分以上が露天風呂付!1部屋ずつデザインも異なるので

どのお部屋になるかはお楽しみ♪

美術館のようなアートな空間と高台ならではの景色が魅力♪

 

 食事は、飛騨の名産がふんだんに使われている飛騨づくし♪

もちろん、飛騨牛も楽しめますよ!

 

【カップルで行くなら】下呂観光ホテル

www.geroyado.co.jp

女子旅でもいいけれど、どこの部屋でも良いお部屋のグレードが

カップルでの旅行にピッタリな下呂観光ホテルです。

 

温泉街の中腹にある静かな宿からは、下呂の夜景が一望できます。

ここは、一時期本当に予約がなかなか取れなかったのよねT_T

 

なんと!冬の花火は部屋からバッチリみえます!

 

飛騨家具のソファーがおかれたロビーはまるで書斎!

 

読書サロンやでゆっくりできるのもいいのですが、

貸切露天風呂は絶対入りたい( ̄▽ ̄)

 

離れにある貸切露天風呂は、自然を楽しみながら入れる解放感溢れた空間。

プライベート感満載♪お風呂の種類が多く、

 

「1回チェックインしたらもう外に出ない」という人が多いのです。

 

【年配の夫婦でいくなら】湯之島館

下呂温泉 湯之島館【公式HP】登録有形文化財の宿

 

創業昭和6年登録有形文化財に指定されている湯の島館は、

昭和天皇・皇后両陛下も宿泊されたことのある趣ある旅館です。

 

レトロと表現するには言葉が軽すぎるくらい

歴史をしっかり刻んでいる、山の中に佇む旅館です。

 

ここのイチオシは、「クラブムーンライト」!

 

タイムスリップをしたかの様なその空間に、

団塊世代以上の人は昭和浪漫化満載の別世界を楽しめます。

 

もう、本当入ってくおじさん・おばさんがニヤニヤして出て来る(笑

 

お酒やカラオケ、オードブルを楽しめダンスホールでは

思わず踊ってしまう人も!

 

卓球台があったり、ビリヤードがあったり!昔ながらの温泉旅館を楽しめますよ♪

食事は全室お部屋出し!

 

特にここの朝食は「あー旅館だなぁ~♪」と思わせてくれます。

 

【まとめ】

下呂温泉は、名古屋から特急ひだで1時間30分!

ちなみに、高山に行ったついでに下呂温泉やその逆パターンも多いです。

初日は下呂温泉に行き、翌日は高山で1泊なんて温泉めぐりも◎

 

自然に囲まれた山間のまちなので、毎日の生活に疲れた都会の人が

週末にやってきます。

 

ちなみに芸能人もお忍びいらっしゃるので

平日に街中を散歩していれば、誰かにすれ違える確率が高いです。

 

現役時代、お笑い芸人さん御一行様・某有名女性タレントさんとお食事するところで

ご一緒させていただきました。

(お笑い芸人さんはご馳走してくださった&旅館が一緒だったのでバーで1杯^^)

 

もし見かけても写真はやめてあげてくださいね!

 

次の週末の旅行にぜひ♪

 

 

【こちらの記事もよく読まれています】

 

tabinomushi.hatenablog.jp

tabinomushi.hatenablog.jp

tabinomushi.hatenablog.jp

tabinomushi.hatenablog.jp

tabinomushi.hatenablog.jp

tabinomushi.hatenablog.jp